ウェルダー加工および対応事例

箔押し&W押しで劣化しにくい印刷が可能に

依頼内容

辞書や手帳などに印刷された箔押し印刷が手の油分などにより酸化し剥離してしまう。辞書ならなおさら長年使用するため、識別ができなくなってしまう、何か良い加工はないものか。

モリシタの加工

W押し加工を施すことで、凹部分に箔があるため、直接油分の影響を浴びにくい加工となっており、長期間の利用が可能となっており、また箔剥離があったとしても、型押し部分は形成されているため辞書などの識別は可能となっております。高級感もUPさせられることから広く手帳などの書籍に用いられています。

業界 出版
素材 塩化ビニール
加工方法 高周波ウェルダー、箔押し、W押し
納期
工場・設備
販促ノベルティ・オリジナルグッズ製作事例
よくある質問
お問い合わせ