ウェルダー加工および対応事例

紫外線に強く、印刷ズレのない高品質な印刷手法の提案

依頼内容

子供向けのバッグを作成したい。紫外線による日焼けの耐久性も強く、かつ印刷ズレのない高品質なものを作成したいが良い方法はないか。

モリシタの加工

一般的な印刷手法であるオフセット印刷は紫外線の耐久性に弱く、機械によるシルク印刷では紫外線の耐久性に強いものの、多色刷りの場合印刷ズレが生じやすい点が課題でした。そこで、古い生産手法ではありますが、長台といわれるシルク印刷手法を用いて印刷をすることで、紫外線にも強く高品質な加工を施すことが可能となりました。

業界 アパレル
素材 塩化ビニール
加工方法 高周波ウェルダー、シルク印刷
納期
工場・設備
販促ノベルティ・オリジナルグッズ製作事例
よくある質問
お問い合わせ